さすがにアウト

久々にお酒に呑まれてしまった訳ですが、どちらかといえば確信犯で、予定通りの展開でした。

なんとなく“酒の席の必要性”について前々から考えていて、僕的な見解だと不要と結論づけていたんだけど、それって本当なのか、ふと確認したくなったのであります。

誤解されると嫌なので予め言っときますが、お酒は好きです。元々バーテンダーとして20代を過ごして来たし、アイラモルトや芋焼酎など、よく呑みます。

飲み会も実は完全に否定するつもりはありません。状況によっては、親睦を深めたりできるなど、生きる上でプラスになることも沢山あるでしょう、きっと。

それに何より、その瞬間は死ぬほど楽しいです。ここが中毒になる理由なんですが、とにかく酔ったらアッパーで、急に若返ったかの様な気持ちになります。多分それは、感覚が麻痺して恐いものがなくなった感覚が若さだと思い込んでいるだけだと思うけど。

問題なのはここから。楽しんだ分、その反動が同じ振り幅で返ってきます。それは二日酔いでなくてもそう。物凄い倦怠感が次の日襲ってくるのです・・・。

つもり、超楽しい瞬間は、翌日の“楽しい気持ち”の前借りをしているだけで人生的にはプラマイ0。強いて言うなら、お金が発生している分、損していることが分かります。

時間と金を使って、反省するっていうのは、一体どういうことだ!

ワークアズライフ。暮らしも仕事も無駄なくスタイリッシュにしていきたい。